樹脂ごとの取り扱い上のご注意

プラスチックにはさまざまな種類があり、その種類により性質がことなっています。リスパックでは用途にあわせ材質を選定し商品化しておりますが、私どもが意図しない用途に使用されることがあるかもしれません。まちがった使い方を防止していただくためにも、各樹脂の特徴をよくご理解下さるようお願い申し上げます。

ポリオレフィン等の衛生協議会の規制基準と、
食品衛生法・厚生省告示第370号による規制に適合しています。

リスパックではF-19という会員番号とともにPLマークが衛生安全のマークとして容器の裏側に刻印してあります。これはポリオレフィン等衛生協議会が定めた業界自主規制基準合格の印です。また成形品は、食品衛生法に基づく昭和34年12月厚生省告示370号による規格基準試験を行い、合格したものが製品として出荷されています。

リスパック製品の共通取扱い注意事項

素材別の特徴と取扱い注意事項

A-PET
高いガスバリア性と耐油性をはじめ、優れた透明性を特長としているため、漬物、サラダなどの容器として多く用いられています。A-PET素材の代表として、クリーンカップシリーズがあります。

  • ●ポリエチレンテレフタレート製で耐熱温度は60℃です。
  • ●電子レンジやオーブンで使用しないで下さい。
バイオPET
高い透明性や耐油性を特徴とするA-PETに植物由来A-PETを配合したハイブリッド素材です。バイオカップAPTクロスシリーズなどとして製品化されています。

  • ●ポリエチレンテレフタレート+バイオポリエチレンテレフタレート製で耐熱温度は60℃です。
  • ●電子レンジやオーブンで使用しないで下さい。
バイオPET耐熱
耐熱性があり冷凍での耐衝撃性も向上した植物由来PET配合のハイブリッド素材です。


  • ●この容器はポリスチレン製で耐熱温度は80℃です。
  • ●電子レンジやオーブンで使用しないでください。
PLA
植物由来の生分解性プラスチック容器です。CO2排出抑制や、廃棄物削減など環境に優しい素材で、リス・バイオニュートシリーズとして製品化されています。

  • ●ポリ乳酸製で耐熱温度は50℃です。
  • ●電子レンジやオーブンで使用しないで下さい。
  • ●アルコールやアルカリ性のものを入れないで下さい。
PLA-S
植物由来の生分解性プラスチック容器です。CO2排出抑制や、廃棄物削減など環境に優しい素材で、リス・バイオニュートシリーズとして製品化されています。

  • ●流通耐熱ポリ乳酸製で耐熱温度は57℃です。
  • ●電子レンジやオーブンで使用しないで下さい。
  • ●アルコールやアルカリ性のものを入れないで下さい。
PLA-H
植物由来の生分解性プラスチック容器です。CO2排出抑制や、廃棄物削減など環境に優しい素材で、リス・バイオニュートシリーズとして製品化されています。

  • ●耐熱ポリ乳酸製で耐熱温度は110℃です。
  • ●電子レンジで内容物を温めることは出来ますが、電子レンジやオーブンでの調理に使用しないで下さい。
PP
耐油・耐熱性に優れています。餃子シュウマイをはじめとしたタフトレーシリーズや、茶碗蒸し、デザート容器が製品化されています。
 

  • ●ポリプロピレン製で耐熱温度は110℃です。
  • ●電子レンジで内容物を温めることは出来ますが、電子レンジやオーブンでの調理に使用しないで下さい。
PPF
ポリプロピレンにフィラー(無機充填材)を含有しているため、耐熱性が高く、電子レンジに利用できます。そのため、温めの必要なお弁当、お惣菜などの用途として多く商品化されています。

  • ●タルク入りポリプロピレン製で耐熱温度は130℃です。
  • ●電子レンジで内容物を温めることは出来ますが、電子レンジやオーブンでの調理に使用しないで下さい。
PPH
電子レンジで内容物を温めることができ、PPFに比べ、発泡させているため軽く、また熱が伝わりにくいのが特長です。
 

  • ●ポリプロピレン製で耐熱温度は130℃です。
  • ●電子レンジに使用できますが、
    条件により変形する場合が
    ありますので注意して下さい。
  • ●オーブンでの調理に使用しないで下さい。
バイオPPF
耐熱性が高く電子レンジに利用できるPPFに植物由来ポリエチレンを配合したハイブリッド素材です。バイオデリカグリーンシリーズなどとして製品化されています。

  • ●タルク入りポリプロピレン+バイオポリエチレン製で耐熱温度は130℃です。
  • ●電子レンジで内容物を温めることは出来ますが、電子レンジやオーブンでの調理に使用しないで下さい。
耐熱PSP
電子レンジで内容物を温めることができ、PSPよりも耐熱性に優れています。ポリスチレンを発泡させているため軽量で熱が伝わりにくい素材です。

  • ●この容器はポリスチレン製で耐熱温度は100℃です。
  • ●電子レンジで内容物を温めることは出来ますが、条件により変形する場合がありますので注意してください。
  • ●オーブンでの調理に使用しないでください。
  • ●火気から離して取り扱ってください。
  • ●柑橘類の皮や油脂によって変質、脆化する事があります。
PSP
ポリスチレンを発泡させています。そのため軽量で、保温性・断熱性に優れ、特に鮮魚・精肉部門で多く利用されています。

  • ●発泡ポリスチレン製で耐熱温度は80℃です。
  • ●電子レンジやオーブンで使用しないで下さい。
  • ●レモンの輪切り、かんきつ類の皮などを入れないで下さい。含有するテルペン油によって変質、脆くなる事があります。
  • ●いなり寿司、おにぎり等のつや出し剤や、加工食品の離型剤として用いられるMCT油脂等により脆くなる事があります。
  • ●アルコール飲料等を入れないで下さい。
HIPS
ポリスチレン製で剛性が高く、シャープなデザインが生かせます。また、光沢があるため、柄付き容器が多くあります。

  • ●耐衝撃ポリスチレン製で耐熱温度は80℃です。
  • ●電子レンジやオーブンで使用しないで下さい。
  • ●レモンの輪切り、かんきつ類の皮などを入れないで下さい。含有するテルペン油によって変質、脆くなる事があります。
  • ●いなり寿司、おにぎり等のつや出し剤や、加工食品の離型剤として用いられるMCT油脂等により脆くなる事があります。
  • ●アルコール飲料等を入れないで下さい。
OPS
剛性が高いため、本体と蓋一体型の容器(嵌合パックなど)や、優れた透明性のため、お弁当の蓋などに利用されます。

  • ●二軸延伸ポリスチレン製で耐熱温度は80℃です。
  • ●電子レンジやオーブンで使用しないで下さい。
  • ●レモンの輪切り、かんきつ類の皮などを入れないで下さい。含有するテルペン油によって変質、脆くなる事があります。
  • ●いなり寿司、おにぎり等のつや出し剤や、加工食品の離型剤として用いられるMCT油脂等により脆くなる事があります。
  • ●アルコール飲料等を入れないで下さい。

電子レンジ対応の使用上の注意

  • ●レンジアップの際は、蓋を少しずらす。または、蓋を取り外してラップをしてください。
  • ●オーブンやグリルに使用しないでください。
  • ●空炊きすると、電子レンジが損傷する恐れがあります。

アルミ蒸着製品に関する注意

  • ●電子レンジで使用するとスパークを起こし、発火して電子レンジが損傷する恐れがありますので使用しないでください。
  • ●金属探知機に反応する場合がありますので、検査の際はご注意ください。
ページの先頭へ